土曜日 即日 融資

土曜日にお金が必要な時

土曜日にお金が必要になる時があります。そんな時に土曜日でも即日融資が可能な安心安全の金融サービスを紹介します。
本当にお金がない時があります。

 

その時、私は独り暮らしをしていました。

 

私が30歳の頃のことです。

 

今からずいぶん、前の話です。

 

 

私は東京に住んでいて大阪の友人から急に連絡があり大阪から遊びに来ることになったのです。

 

その時は給料日前でお金が本当にありませんでした。

 

遠方から来た友人に馴染みのお店に連れて行くのに食事代を出させるわけにはいきません。

 

クレジットカードがあればある程度は体裁がつくろえるのですが当時はカードを持ったこともなかったのです。

 

このように急だったので、即日融資をしてもらう必要性ができました。

 

それで即日融資してもらう為に初めての消費者金融を利用しようと決心しました。

 

当時は松本伊代ちゃんのおにぎりのコマーシャルが印象的な消費者金融でした。

 

駅前にあった店頭に来店し直接申し込んで借りることにしました。

 

アイフルの看板

 

銀行のようなイメージを持っていたのですが銀行と比べると人が少ないなと感じました。

 

それに店頭に入る時はあまり見られたくないなと思いました。

 

結局、当時の会社には5年以上勤務実績がありましたので、即日の融資で枠が10万円枠で5万円借りることができました。

 

本当にお金を借りることができて助かりました。

 

まだインターネットなどなかった時代の事でした。

 

今の時代はスマホでかんたんに申し込むことができるので便利ですね。

 

スマホで昼休みに申込めば自分の銀行口座に振込んでくれます。

 

つまり平日の早い時間帯に申込めば銀行振込の即日融資も可能です。

 

来店する必要もありません。

 

また銀行が閉まっている時間でも自動審査機のある無人のブースへ行けば土日祝日やアフターファイブでも融資が可能です。

 

まあ銀行振込してもらうためには平日なら午前中に申込むことですね。

 

それとカードで持っていればカードですぐに引き出すことができますので安心です。

 

コンビニに提携ATMがあれば使えます。

 

 

やっぱりお金は友人に借りるより、金融会社から借りるものですね。

 

金融会社はビジネスライクだけれどもお金のことだから契約することできっちりとできます。

 

お金のことだから契約として借りることのほうが良いと思います。

 

友人からお金を借りたくはないです。

 

即日融資のイメージ
即日融資とは申込み当日又は翌日、翌営業日に融資が完了することです。
自分の銀行口座に振込みが完了するのでそのスピードには驚くばかりの金融サービスです。

 

但し、銀行振込が可能な時間までに審査が完了しなければなりません。
またこの方法であれば平日の銀行が営業していることが前提になります。
もう一つの当日の即日融資の方法は店頭や無人契約機の使用となります。
この方法ではカードを受け取り、そのカードで提携ATMでのキャッシングが可能になります。
この場合のカードは提携のコンビニやATMを利用することになります。
モビットの無人契約機
モビットの無人契約機

 

 

当サイトおススメランキング

モビット
200x200 オリコン

竹中直人のCMでお馴染みのモビットです。
モビットは三井住友銀行グループの会社です。
時間内の申込であれば即日融資も可能です。
(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合もあります。)
会社の在籍確認や郵便物が不安な方にはモビットのWEB完結がおススメです。
電話や郵便物などがない内緒の借入が可能です。

>>モビットの申込み

プロミス
LP_164x164

谷原章介のコマーシャルでもお馴染みのプロミスです。
はじめてなら30日間無利息※
お近くの銀行やコンビニで借入返済が可能です。
来店不要 WEB申込なら即日融資も可能
50万円以下なら収入証明書は不要です。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が条件です。

>>プロミスの申込み
>>女性の方専用申込み

第三銀行カードローン


・第三銀行ATM時間外手数料が無料!
・申込時の来店不要



ひめぎんクイックカードローン


・主婦・パート・アルバイトの方もOK!
・最短即日のご融資が可能!
・愛媛銀行ATM時間外手数料が無料!
・申込時の来店不要
・最短即日振込が可能

 

 

 

 

安心安全の即日融資の可能な金融業者の選び方

 

安心安全な金融業者とは財務局か都道府県の認可を受けている金融業者です。
さらに最も安心安全なのは大手の消費者金融などの有名な金融業者です。
銀行なども安心安全な金融業者といえます。
本来はもう少し掘り下げた調査を行っても良いのですが一般的なカードローンやキャッシングのフリーローン目的なら契約内容を守ることで問題はないと思われます。
つまり銀行法や貸金業法に基づいた金融業者が安心なのです。
もちろん違法であり認可を受けていない金融業者から借りることはおススメしません。
安定した収入がある個人のかたであれば返済計画が十分であれば、金融は生活を安定させると思います。
安全安心の金融の基本は、安全安心の相手を選ぶことが全てであると言えます。
安全安心の枠内の取引は安全度が高いです。

 

 

キャッシングで借り入れするメリット<主婦・46歳>

 

 

若い時に消費者金融でキャッシングしたことがあります。
確かに金利がかなりつきますから、一見すると友人から借りた方が特と思うかもしれません。
しかし友人にお金を貸してというのは言いにくいものです。
もちろん仲のいい友人にしかそういうことは言いませんから、言われた方も本当にお金に余裕が無い限り断るのは難しいと思います。
友人1人から数十万円借りようとすればそれは無理な話しですが、ひとりひとりから1万円2万円ずつ借りることは可能です。

 

消費者金融で借りる前にこんな風に友人から少しずつ借金をして払えなくなったクレジットカードの返済をしたこともありました。
でも貸した友人の方もお金をいつ返してもらえるのかなと不安になり、結局せっかく仲のいい友人だったのに借金のあと疎遠になることがありました。
借りたお金は返しても、借金をしたということがうしろめたく以前のように仲良く過ごすことができなくなるのです。

 

こんな風に友人から借金したためにその後の友人との関係がうまくいかなくなることを考えると、金利はかかりますがキャッシングでお金を借りる方が良いです。
貸している方もビジネスでそれで儲けているのだからと割りきれて気楽なところがいいと思います。

 

 

 

お金の貸し借りは信頼を無くします。<電機メーカー勤務・35歳>

仕事も忙しくないどころか暇が出来てきて残業もなく、お金の面でも苦しい日々です。
そんな時に何かお金のかかる急用が入ると、どこかでお金を借りたりして用意しなければいけなくなります。
方法としてはキャッシングで借り入れをするか、友人などから借りるかになると思います。

 

私は友人から借りるのは後々に悪いモノが残る気がするので、キャッシングを利用するようにしています。
ほとんどの方はお金の貸し借りの話は嫌うでしょうし、友人とは言えお金の相談は好まないはずです。

 

一度貸してしまうと、また次もあるかもと思うでしょうし返済が遅れたとしても返済を煽る事も気が引けます。
友人からお金を借りた為に、その関係が壊れてしまう恐れはとても大きいです。

 

他に方法がないなら仕方ないかもしれませんがキャッシングという方法があるので、あえて友人から借りる必要はないです。

 

キャッシングは返済の通知をしてくれるサービスなどもありますし、人と人との関係に傷が付く事もありません。
もちろん利息はかかりますが今は一定期間利息がかからないサービスなどもありますし、かかってもそう高くはありません。

 

人と人との関係を壊さない為にもキャッシングをオススメします。

 

 

 

トラブルを起こさずにお金の問題を解決<会社員・35歳>

どん底の景気からは少し改善されたと、世の中では言われていますが
サラリーマンを取り巻く環境にはまだまだ厳しいものがあります。

 

毎月決まった給料の中からやりくりをしていても、急にまとまったお金が必要になることもあります。

 

本当にちょっとした小さい金額であれば、友人や知人から借りることも考えられますが
大きな金額になると、お願いもしにくいですし、お金の貸し借りがもとになって
人間関係がこじれてしまうような話もよくききます。

 

自分の責任の範囲内で工面しようとするならば、キャッシングを利用することが最も現実的です。
収入の範囲内で借りられる金額も、計算に基づいてはっきりとわかりますし、返済の際もわずらわしいことはなく
予定通りに返していくことができます。

 

キャッシングをする際にいくらの利息がかかるのかという点についても、最近はしっかりと提示されています。
毎月の返済額を途中で変更することも可能ですし、生活に支障がでないように相談することもできます。

 

友人や知人にお金を工面してもらう場合には、現金が手元にくるまでに時間を要することもありますが、
その点もキャッシングであれば簡単です。

 

口座に即入金されるという形もあれば、借入が可能が額をすぐに引き出せる
形式もあります。キャッシングは、しっかりと情報を確認し上手に利用することで、人間関係などを壊すこともなく、
自分が管理できる範囲内で、お金の問題に対応することができる一つの大きな有効手段です。

 

 

友達の信頼をなくしてしまいます<主婦・48歳>

友達からお金を借りることは絶対にお勧めできません。

 

キャッシングを利用すると利子が付きますから、その分多く返さなくてはなりません。
しかしそちらのほうがよいでしょう。
お財布を忘れたり、うっかり中身を入れ忘れたりして友達から借りる場合は、何の問題もないと思います。

 

そういう場合を除いて借りようとしている人は、ご自身のお金の使い方に問題はないか、考えてみる必要があるのではない
ですか?

 

やむを得ない事情の場合もあるかもしれませんね。昔知り合いから「1万円貸して」と言われたことがあります。

 

その頃は一人暮らしを始めたばかりでお金に余裕はありませんでした。
1万円なくなるとちょっと苦しいなと思いながら、私は1万円貸しました。そしてなんとが1か月を乗り切りました。

 

お金は1週間で戻ってきました。
後でその子に「ゲームセンターで遊んでいたらお金が足りなくなった」と聞き怒りを覚えました。

 

この子もそうでしたが、友達からお金を借りる人は、割と簡単に「貸して」と言っている場合が多いと思いませんか?

 

それが信じられないのです。
1万円の価値は人それぞれかなり違っていて、ゲームセンターで平気で2,3万使っている人と、食費が2.3万で頑張っている人との1万円の価値はかなり違います。

 

キャッシングの場合は相手はお金を扱うプロのサービスですから、返してしまえば何もわだかまりも残りません。

 

けれど友達はそうはいきません。お金を借りてすぐに返したとしてもです。

 

私は「お金を貸して」と言われたことで、その友達を見る目がかなり変わりました。

 

その人とは付き合いたくないと思うようになりました。

 

友達をなくしたくなかったら、友達からはお金を借りないようにした方がよいですよ。

 

 

キャッシングは気が楽な借金<会社員・52歳>

私は50代の男性サービス員ですが、残念ながら若い頃から貧乏で、いい年をした今になってもお金にはしょっちゅう
困っています。

 

そのせいでここ三十年、自慢じゃありませんが借金とその返済は途切れたことがありません。

 

 そんな私の借金ですが、身内からの借金、友人・知人からの借金、そしてキャッシングなどの金融機関からの借金と、
債権者は実にバラエティに富んでいます。

 

それぞれの借金にはメリット・デメリット様々ありますが、最も気が楽な借金は、やはりキャッシングです。

 

 身内や友人などからの借金は、上手くすれば無利子で借りられます。それは確かに大きな魅力ではありますが、
その代わり、何とも言えない肩身の狭い思いを味わうことにもなります。

 

時にはお互いに気まずくなったり、人間関係に支障を来してしまうこともあるのです。

 

 そんなことを考えると、キャッシングは気が楽です。

 

利子を支払うのはもったいないような気がするとしても、その分、誰にも気兼ねすることなくのびのびと過ごせるのです。

 

また、その借金は他人に知られることもありません。

 

完全に自分だけの秘密にしておくこともできるのです。
秘密にしておけるということもまた、大きなメリットの一つです。

 

 ただ、債権者は誰であれ、全ての借金はしっかりと返済計画を立てなければなりません。

 

そして返済が滞らないように、万全の努力をしなければならないのです。

 

それは忘れてはならないでしょう。

 

やはりキャッシングのほうがいい。<会社員・28歳>

親子でも財布は他人という言葉もあるとおり、たとえ親子関係であってもお金の貸し借りだけは可能な限り避けるのが人生を円滑に生きていく秘訣だと思います。

 

親子兄弟でもこういった状況ですから、友人関係ではもってのほか。

 

私はどんなに親しい友人関係であっても、お金の貸し借りだけはしないようにして、どうしてもお金が必要な時には消費者金融のキャッシングサービスなどを利用するようにしています。

 

親からお金を借りたりすると、「何かあったのか?」と貸してはくれても色々な心配をされてしまい、その説明が結構煩わしかったりしますから、知り合いから借りるならば友人というのが一番楽といえば楽なのは間違いがありません。

 

でも、友人関係って実は本当に希薄なもので、お金の貸し借りが生じるとそれが露呈してしまったりもしますから、どうちらも嫌な思いをして、関係が冷えてしまうこともザラにあります。

 

友人から借りれば利子は付かないかもしれませんが、今では短期間であれば利子が付かないキャッシングサービスもありますから、そちらを利用した方がメリットがあると思います。

 

友人から借りると結局お礼に食事をご馳走したりと結局利子を払うのと同じような感じになってしまいますから、私はなるべく友人からは借りずに、キャッシングを利用するようにしています。

 

 

キャッシングの利用がいいかも<主婦・40歳>

どの程度の親しい友人かはわかりませんが、友人からお金を借りるということは
その友人をなくすかもという位の覚悟が必要だと思います。
お金の価値観は人それぞれで普段は優しい友達だったとしても
お金の事になったとたん、冷たい態度をとられることもあると思うのです。

 

キャッシングを考える位の額なので1万円以上かと推測されます。
ちょっと何百円借りるのとは違います。

 

何日後に返すからと約束されても、今まで築き上げた友情にヒビが入るのなら
たとえ、利息がかかろうが誰にも迷惑をかけないキャッシングをすすめます。

 

もし、私が友達にお金を貸してと言われたら、信頼できる友達だったら
貸すと思います。
それは、喜んでというより断ったら悪いかなという気持ちからです。
その後、もし返済が遅れても忘れられたのかなと思っても
自分からお金を返してとはとても言いずらいものです。
なぜか、貸した自分が悪いんだと思ってしまいそうな気がします。
だから、私からしてみれば友達にお金を貸してとは言ってもらいたくないです。

 

たった1回のお金を借りるということで自分の今までの評価を
落とすのだったらキャッシングを利用したほうが
今後の為にも賢い選択だと思います。
また、お金を簡単に友人から借りると借り癖もつくのではないかと思います。

 

 

友人ではなく、キャッシングすることの利点<自営業・35歳>

お金に困った時に、信頼できる友人がいるならば、心強いことです。

 

特にその友人がお金持ちであるならばなおさらです。

 

しかし、友人に依頼してお金を借りることに関しては慎重なほうが良いと考えます。

 

確かに友人にお金を借りることはできるかもしれません。相手も同意してくれるかもしれません。

 

しかし、一端お金を借りてしまうとこれまで培ってきた友人関係の変化が起きることになります。
これまでと同じとはいかなくなるかもしれません。

 

お金を借りることで、その友人はあなたのことを見下げるようになるかもしれず、
こちらもいろいろな面で気を使うことになります。

 

一方キャッシングであるならば、全く問題はありません。

 

しかも、自分がお金に困っていることを誰にも知られずにお金を借りることができるのです。

 

誰にも気を使うことなく、自分の決定で借りることができます。
最近は数十日間ならば利息に関する各サービスでOKというところもあり、それを利用できるのなら負担はほとんどありません。

 

またキャッシングならば、計画的に返済していかなければなりませんから、友人や親に借りるような甘えの気持ちではなく、
しっかりとすると思います。

 

それを怠るならば、そのつけはすべて自分に降りかかることになるからです。

 

 

お金の問題を人間関係に持ち込まずに済むキャッシング<エンジニア・30歳>

実際に友人からお金を借りたことは数える程しかありませんが、今の私がお金を借りるとしたら絶対に友人からよりキャッシングを選びますね。

 

その理由は考えるまでもなく明らかですが、いつ何が起きるかは誰にも分からないからです。

 

友人からもしお金を借りてしまえば、それはお金だけの問題では済まなくなります。例えば返せない理由が自分のせいではなかったとしても、それを向こうがどう考えるかは全く分かりません。

 

こちらがわざと払わないだけじゃないかなどと勘ぐられる可能性もあります。そうすれば、友人関係に影響が出てくるのは時間の問題です。それも、その友達だけでなく共通の友人などにも及びます。

 

その点で、キャッシングは非常に単純です。単に自分に借りるだけの力があればその範囲内でのみ貸してくれるわけです。

 

何か万が一の時には一度くらいは滞納することもあるかもしれませんが、それが人間関係に影響するこちは全くありません。単にお金のことだけ心配していれば済むのです。

 

それを考えれば、利子など安いものではないでしょうか。考え方は人それぞれかもしれませんが、私はお金の問題はお金だけで解決できる方がよほど精神的にも楽だと思いますね。

 

友人に借りれば確かに金利はかかりませんが、何かあった時に本当に面倒なことになるということが重要です。私は断然キャッシングをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人からお金を借りるデメリット<自営業・30代>

 

 

 

お金が足りない時に金融サービスでキャッシングを行うと、無金利期間等の特別なサービス期間以外では利息を追加して返済する必要があります、親や知人、友人等では場合によっては無金利で借りる事が出来るので、出来るだけ無金利状態で借りれれば良いように感じますが、やはり友人の間で金銭やりとりは避けたい所です。

 

自分がやってしまった失敗では無いのですが、周りを見ても、友人間でお金の貸し借りを行って、返済が滞ったり、有耶無耶になる事で友人関係が壊れてしまったという例も多々ありますし、特に何万円ものまとまった金額になると、返済出来ない時は関係が崩れてしまう事にもなります。

 

友人関係が壊れないまでも、信用が無くなったりしますし、これは金融サービスでの借入による利息分どころでは無い損失と感じます。

 

返済目途が明確で、絶対に返せないという事が無い場合は友人から借りる事があったり、ランチの時にお金が足りず貸して欲しい程度の事ならばまだしも、やはり、相手の生活に支障が出るレベルでお金を借りるのは避けたいですし、借りるなら絶対に少しでも早く返済を行うべきです。

 

その点では消費者金融や銀行でカードローンを使うのは、自己責任なので、ある意味では気楽なものである側面はあります。